薬剤師求人ランキング

公務員薬剤師の倍率

薬剤師で、どのような職場で仕事をしようか迷っているのであれば、公務員になることも検討してみましょう。公務員のメリットは、とにかく今後の人生が安定することが最も大きいです。民間で仕事をしている場合、特に景気の悪い状態が続いてしまうと、職を持っていてもリストラの対象になってしまう可能性があります。しかし公務員であれば、よほどの個人的な失態でもない限り、定年まで仕事を全うすることができるケースが多いです。一般的に薬剤師になる人の傾向として、安定志向の人が多いと言われています。その意味では、公務員薬剤師はうってつけの案件ということができるわけです。

しかし実際に公務員薬剤師として活動できるかどうかですが、かなり難しいと思ってください。というのも、各地方自治体が薬剤師の募集を行うのですが、一度に大量の人材を採用することはありません。ですから、少数の定員を他の薬剤師と競争するような形になってしまいます。ですから、薬剤師の採用試験ですが、どうしても倍率は高めになってしまうことが多いです。

一般的に、公務員の採用試験ですが、2段階選抜で実施することが多いようです。まず1次試験についてですが、筆記試験を実施します。薬学についての専門的な試験はもちろんのこと、一般的な教養について問う問題が出題されることもあります。他にも短文論述試験や事務適性の検査なども実施されることになります。実に多角的に考査をして、公務員薬剤師に適しているかどうかを判断することになります。1次試験を突破した人は、2次試験に進むことになります。2次試験では、面接試験が実施されることになります。その他にも身体検査なども実施され、最終的に公務員薬剤師として採用する人材の確保を行っていくことになります。

公務員薬剤師の倍率についてですが、地方自治体によって変わってきます。ちなみにインターネットの情報を見てみると、富山の公務員薬剤師の倍率の情報が掲載されていたので紹介しますが、倍率が2〜3倍となっています。しかし地方では比較的倍率は低いかもしれませんが、都心部に行くと応募者数が多くなる傾向があるので、倍率はさらにアップします。公務員薬剤師の条件を見てみると、年齢制限については他の所と比較すると、緩やかな傾向があります。30歳を超えるとなかなか応募することも難しくなってしまう傾向がありますが、公務員薬剤師の場合、30歳を超えている人でも応募できるようにしている案件もあります。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.