薬剤師求人ランキング

公務員の薬剤師

薬剤師の働き方はドラッグストアを代表に色々な職場があります。
その中でも公務員という選択肢もあります。
公務員の薬剤師というのはあまり聞かないかもしれませんが、実は活躍の場所があります。 例えば、公立の病院の調剤薬局がありますね。業務内容自体は同じです。
違う点はというと、やはり収入面ですね。通常の薬剤師と違い、公務員としての勤務になりますので、給与は公務員扱いとなります。
初任給では民間に劣るケースが多いですが、長い目で見た場合平均年収は上になりますので、選択肢としてはいいかもしれません。

他の職場としては、薬局や医薬品などの立ち入り検査要員や指導など行う業務もあります。
また保健所も勤務場所としてあります。
内容はというと、環境や食品衛生監視関係業務ですね。
変わったところでは、食品衛生監視員や、麻薬取締官などもあるようです。

公務員として薬剤師が活躍する場所はありますが、公務員になる為に薬剤師資格を取得するとなると、どうでしょう。薬剤師は現在6年制となっており、資格取得に長い年月を必要とします。その月日をかけて薬剤師資格を生かせる公務員になるメリットは少ないです。実際、医療系の公務員でも行政などに関する公務員を比較しても、それほど給与面での変化はありません。薬剤師としての資格が収入にあまり反映されないのです。

公務員になる為に薬剤師資格を取るのはあまりお勧め出来ませんが、薬剤師資格を取った後に、公務員は選択肢とするにはありだと思います。
公務員は民間の企業と比較して安定していますし、長く勤務することが可能です。
ただ、逆に転職をしにくいとうデメリットはありますね。
ですが、ドラッグストアでは同じ店で定年まで勤務することはないとも言われています。長く定着することが難しいのでしたら、公務員となることで長く勤務することを選択するのもいいと思います。

薬剤師の地方公務員としての職場は多く、需要はかなりあります。
年収や生涯働くことを考えた時、公務員という選択肢は悪くはありません。
収入は確実にアップしていきますし、安定性を求めるのでしたら良い選択肢になりそうです。
ただし、地方公務員試験には年齢制限がありますし、チャレンジするなら早期にした方が良いと思います。

薬剤師というと、病院やドラッグストア、調剤薬局しかないと思いがちです。ですが実際は多くの勤務場所がありますし、公務員という選択肢もあります。職場の幅は制限せずにやれることはやってみる意識は大切ですよ。

公務員薬剤師の求人探し
公務員薬剤師の年収・給料
公務員薬剤師の募集の見つけ方
公務員薬剤師への転職
公務員薬剤師の志望動機
公務員薬剤師の倍率

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.