薬剤師求人ランキング

アメリカの海外の求人探し

おそらく薬剤師として海外で働きたいと思っている人の多くが目指す国がアメリカでしょう。医療や薬剤の最先端の国として多くの人の憧れの的となっています。ではアメリカで働きたいと思っている人はどのようにして求人を探したらよいのでしょうか。薬剤師として働くためには何が必要なのでしょうか。

まず覚えておくべきこととして日本で取得した薬剤師の免許は厚生労働省が発行しているためアメリカで通用しません。ですからアメリカで働きたいのであればアメリカで薬剤師免許を取る必要があります。アメリカの大学の薬学部に編入して単位を取得し、その後研修を1年間受けなければなりません。その研修も医師や看護師とチームを組んで行うまさに本番さながらの研修です。そのような段階を踏んで初めて薬剤師として働くことができるようになります。

アメリカにおける薬剤師の役割は非常に大きいものです。まずアメリカでは医療費が非常に高いので多くの人が個人的に医療保険に加入しています。しかし保険に加入できない低所得者は一般用医薬品を購入することになります。その時に人々は薬剤師に自分の症状を訴えて症状にあった薬を購入できるようアドバイスしてもらうのです。ですから人々にとって薬剤師は医師と同じほど信頼が厚く、身近でかつ重要な存在となっているのです。そのためアメリカ国内で薬剤師といえば高収入の職業の代名詞のようになっています。

それにもかかわらずアメリカで薬剤師は不足しています。薬学部卒業予定の学生は多くの会社から入社の誘いを受けるほど人気があります。薬剤師が不足している一方で薬剤師のアドバイスを必要としている高齢者は増加しています。そこでアメリカでは薬剤師の処方できる薬の種類を10年前の1.5倍に増やしたり、高齢者への薬剤の使用の援助を増やしたりして改善を図っていますが薬剤師不足は解消されていません。ですからアメリカにわたって薬剤師として活躍したいと思っている人にとっては非常に良い機会ということができます。もちろん薬剤師の免許を取るまでの過程は大変ですが、免許を取ってしまえば非常にやりがいのある高収入の仕事が待っているのです。

アメリカにおける薬剤師の求人状況を見てみると、英語ができるのであれば日本よりも良い待遇で働ける状態であることがわかります。海外で活躍する事を夢見ている薬剤師であれば、ぜひアメリカで薬剤師の資格をとって人々に信頼される仕事をしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師が海外で働くには
薬剤師の海外の免許
海外の薬剤師の募集先
アメリカの海外の求人探し
韓国の海外の求人探し

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.