薬剤師求人ランキング

薬剤師の在宅医療の役割・必要性

日本では昔から在宅医療というシステムがありました。医師が看護師を伴って往診するというスタイルが確立されてきたからです。しかし現在では医師や看護師だけではなく薬剤師も在宅医療に参加することが求められる時代となりました。在宅医療における薬剤師の役割とはどのようなものなのでしょうか。

近年在宅医療を一つのチームとして行うという考え方が徐々に浸透してきました。医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャーなどが一つのチームとして在宅医療を行うというものです。医師や看護師が在宅医療を行うという考え方は古くからありますが、薬剤師が参加するという考え方は最近提唱されてきたものです。ですから現実として薬剤師がチームに入っているという在宅医療は多くありません。

しかし薬剤師の担う役割は非常に大きいため、薬剤師なしで在宅医療を行うのは非常に困難なのです。例えば患者が高齢者であれば多くの薬を処方しなければならないかもしれません。その場合には飲み合わせや適量などを詳しく知っている資格所有者が必要になります。しかし薬剤師不在の在宅医療チームの場合にはその薬の管理を医師や看護師が行わなければならないということになります。すると間違いが起こるかもしれませんし、何よりも医師や看護師の業務の妨げになります。

理想の在宅医療とは医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャーがそれぞれの専門知識を十分に生かしながら上手に連携して医療を提供することです。その中でも薬剤師は直接患者の体に影響を与える薬を扱うわけですから、その責任は非常に重大であるといえます。さらに薬剤による副作用に早く気づくのも薬剤師です。医師や看護師の場合、症状が病気によるものなのか薬の副作用によるものなのかがわからない場合があります。しかし薬剤師であればその症状の要因を容易に推察することができ、服用をやめさせたり新たな薬を処方したりすることも可能になります。医療の効果を最大限に発揮させるために薬剤師の仕事は重要なのです。つまり在宅医療において薬剤師は本来なくてはならない存在であるのです。

近年国内の高齢化に伴って在宅医療の必要性がより一層唱えられるようになりました。加えて在宅医療の中での薬剤師の役割も年々大きくなっていきます。もし自宅から出ることのできない患者さんの役に立ちたいと願っているのであれば、ぜひ在宅医療チームに所属することを目指してみてはいかがでしょうか。

薬剤師の在宅医療の役割・必要性
薬剤師の在宅医療の研修

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.