薬剤師求人ランキング

薬剤師の初任給の平均

薬剤師の初任給ですが、新卒の薬剤師の初任給の平均は、人事院の調査によると、2010年段階で222611円となっています。しかしこの薬剤師の初任給ですが、どのような職場に就職をするかによって、多少平均の額に差がみられる所があります。

薬剤師の就職先を見てみると、ドラッグストアに就職をするケースが多くなってきています。ドラッグストアは、都心部から地方まで、まんべんなく、店舗の展開を行っています。そしてそれぞれに調剤薬局のサービスを提供しています。そこで、各ドラッグストアとも、薬剤師の募集を行っていることが多いです。このため、求人先が多いこともあって、薬剤師の就職先として、注目を集めるようになってきています。もしドラッグストアに就職をした場合、初任給は25〜35万円といった所が相場になっています。基本給は、ドラッグストアの他のスタッフと一緒で、薬剤師資格を持っていることで別途で薬剤師資格の手当てが上乗せされるというシステムを取っている所が多いです。

また薬剤師の基本的な仕事は、薬の調剤をすることにあります。そこで、薬剤師の就職先として、調剤薬局は欠かすことのできない定番の転職先ということになります。調剤薬局に就職する場合には、初任給が22〜30万円の間といった所が相場になっています。医薬分業が進んでいますので、さほど病院における薬剤師へのニーズは低くなっています。しかしそれでも、病院で薬剤師を募集していることもあります。病院に薬剤師として就職した場合、初任給でもらえるのは、20〜25万円の間と言われています。調剤薬局やドラッグストアの初任給と比較すると、少し抑え目の給料となります。ただし病院内で薬剤師としてのキャリアを積むことができれば、例えば、病院の中にある薬局の薬局長のような昇進をする可能性があります。この場合には、それなりの給料を手に入れることができる可能性がアップします。

給料の部分で、注目したいのは製薬会社です。製薬会社に就職した場合、初任給は22万円程度と言われています。全体で見た平均的な給料で、特筆すべきものはありません。しかし年々の給料の伸び率が非常に高いのです。それなりのキャリアを積むことができれば、他の薬剤師や他の同年代の給料よりもかなり多くの額をもらえるケースも少なくありません。初任給に着目することは大切ですが、その後の給料の伸びについても留意して、就職先を探すようにしましょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.