薬剤師求人ランキング

薬剤師の初任給

薬剤師の初任給についてです。
薬剤師は特殊な資格の職業で必要な職場も多い資格です。
薬剤師として働く上では、いくつかの職場が上げられます。

まずは病院などの近くにあることが多い調剤薬局です。
医療と薬を分離する流れができてから、飛躍的に増えた形態ですね。
この調剤薬局では、収入が調剤収入のみですので、ある程度上限も限定される職場となっています。ですが、それでも普通に生活をするには十分だとは思います。
気になる初任給ですが、年収として300万円前後が多くなっています。ただ、この調剤薬局では、給与に地域差があります。それは薬剤師が不足してる地域ほど年収設定が多いということです。医師が不足している場所では、条件を良くして人を集めたりしますが、薬剤師も同じような事になっているのです。
通常の職場の場合、収入は地域の相場に合わせるので、都市部ほど給与が高くなる傾向がありますが、薬剤師は逆の傾向となりますね。
例えば関東では、同じ千葉県でも海に近い南部の方では薬剤師が不足傾向にあり、年収が高く設定されています。ある意味地域性とも言えますので、年収重視でしたら、こういった判断基準も考慮に入れるべきですね。

他の勤務形態としては、ドラッグストアや、治験関係などの企業があります。
ドラッグストアでは、全国展開している大きな企業が多いです。
これらの店舗は全国に今店数を増やしている最中でもありますので、常に人材を募集しています。初任給については、各種手当もあることが多く月収30万円位な場合が多い
ですね。 調剤薬局と違う点は、いくつものチェーン店をあることが多いことです。
その為、複数店舗を掛け持ちしたりする場合や、管理薬剤師などにもなる選択肢もあります。その為、最終的には年収600万円位まではいくようですね。
やはり全国展開しているドラッグストアは強いということでしょう。
安定性の高さも魅力ですね。

最後の治験関係などの企業の薬剤師はどうでしょうか?
企業の薬剤師の特徴は初任給の低さがあります。
初任給は調剤薬局25万、ドラッグストア30万円に比較し、企業は22万円位なようです。 ですが、企業の薬剤師は最終的な年収が高くなるのが特徴です。
実績にもよりますが、企業の薬剤師は営業なども行いますので、最終的に年収1000万円クラスを狙うことも可能です。
役職につくなど責任あるポストにつくことは必要ですし、その分業務が多忙になります。
ですが、年収として上を目指す場合は、企業の薬剤師も良いと思います。

薬剤師の初任給の手取り
薬剤師の初任給の平均
公務員の薬剤師の初任給
調剤薬局の薬剤師の初任給
大学病院の薬剤師の初任給
ドラッグストアの薬剤師の初任給

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.