薬剤師求人ランキング

薬剤師の20代の年収は?

かつてと比較すると、薬剤師のルールが変わってきています。従来は、大学の薬学部の4年間のカリキュラムを修了することができれば、取得することができる資格でした。ところが2006年からはルールが変わって、医師や歯科医師と同じ条件でないと薬剤師の資格を取得することができなくなりました。つまり、大学の薬学部6年生のカリキュラムを修了することができないと、卒業することができません。すなわち6年間、薬学について勉強をしないと、薬剤師の国家試験を受験することができなくなってしまったのです。

もしすべてが順調に進んで、ストレートで薬剤師の国家試験に合格したとしても、薬剤師として就職することができるのは、25歳ということになります。ですから20代の薬剤師の平均年収は、25〜29歳の間の年収ということになります。ちなみに6年生の薬学部を卒業して、薬剤師としてはじめてもらう初任給の平均は、208000円となっています。そこから他にもボーナスの出るところはボーナスが、年収の中に含まれることになります。このボーナスなども加味して、20代の薬剤師がもらっている平均的な年収は、400万円前後と言われています。この年収ですが、他の業種と比較すると、果たして良いのでしょうか悪いのでしょうか?

全体的な業種の平均年収を見ていきましょう。そうすると、20代前半の平均年収は250万円程度と言われています。20代後半の平均年収を見てみると、330万円程度といった所が相場と言われています。薬剤師として活動している20代の人は、ほとんどが20代後半の中にカウントすることができます。となると、一般的な薬剤師と同じ条件の20代の平均年収は、330万円の方が近いことになります。他の業種と比較すると、やはり薬剤師の方がかなり年収の面では、恵まれた条件の中で仕事ができていると判断することができます。

しかし少し解釈を変えると、逆に少ないのではと思われるデータもあります。6年間勉強を大学でしたということは、実際には理系の大学院の修士課程を修了しているのと同じ扱いになるということもできます。理系の修士課程を修了した人が企業に就職してもらうことができる初任給は、23万円程度と言います。上で紹介したように、薬剤師の初任給は20万円強ですので、大学院の初任給と比較すれば、給料は安いということも言えるわけです。この部分をどう解釈するかは、人によっても変わってくるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.