薬剤師求人ランキング

薬剤師の転職に役立つ資格は?

薬剤師はなるためには当然薬学部を卒業し、薬剤師の資格を取得する必要があります。一方、薬剤師の資格さえ取得していればその後は就職先に困ることはない、とも言われます。しかし現代社会においてその概念は過去のものとなりつつあります。スキルアップを目指すため、あるいはより理想に適った職場で働くためには薬剤師になった後にも他の資格を取得することが求められることがあるのです。

では薬剤師の転職の際に役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは薬剤師の上位資格ともいえる専門薬剤師や認定薬剤師。よりスペシャリストとして活躍するために役立つ資格です。専門薬剤師とは薬物治療はもちろん、医療における専門領域における専門的な知識を備えていることを認められた場合に認められる資格です。分野によっていくつかの種類があり、「ガン専門」「感染制御専門」「精神科専門」「妊婦・授乳婦専門」「HIV感染症専門」「認定専門指導者」「栄養サポート専門」があります。一方認定薬剤師は研修認定制度で、定期的に更新を行うことで保持し続けられる点に特徴があります。通常に薬剤師の資格は1度取得すれば一生保持し続けることができますが、更新制にすることでより高いレベルを維持するよう目指しているのです。こちらもいくつかの分野に分かれており、「研修認定」「認定実務実習」「がん薬物療法認定」「感染制御認定」「精神科薬物療法認定」「HIV感染症薬物療法認定」などのがあります。スキルアップを目指してこれらの取得を目指すとよいのではないでしょうか。

あと幅広い分野で活躍するために役立つ資格もあります。代表格としてはケアマネージャーが挙げられるでしょう。高齢化による介護業界の拡大によるケアマネージャーの役割が重視されるようになっています。ケアマネージャーの資格を得るためには医療・福祉関連の資格をすでに取得していることが条件となりますが、薬剤師のその条件に含まれています。ケアマネージャーの仕事は通常兼業で行われることが多いため、本来の業務と併せて活躍できる選択肢としてオススメです。

また最近注目を高めている資格では栄養情報担当者(NR)があります。食育の重要性が指摘されているほか、食の安全が動揺している現代社会において栄養に関する情報が求められるようになっています。薬剤師がこの資格を併せて取得することで食品・医療両面からのアプローチでアドバイスやサポートを行うことができるため、より幅広く活躍していくことが可能です。

どれも簡単に取得できる資格ではありませんが、それだけに取得できれば転職に大いに役立てることができるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.