薬剤師求人ランキング

薬剤師転職の志望動機の書き方は?

薬剤師が転職を目指して就職活動を行う場合には当然のことながら志望動機を明確にすることが求められます。この点は他の職業と変わりありませんが、薬剤師の場合はより慎重に内容を検討する必要が出てきます。なぜなら薬剤師といっても職場や就職先の業種によって求められる役割がまったく異なってくるから。ピントが外れた志望動機を書いてしまうとその段階で落とされてしまう恐れがあります。

では薬剤師転職の志望動機はどのような書き方にすればよいのでしょうか。まず転職を目指す職場にあった内容を心がけること。たとえば病院薬剤師の場合は単に調剤業務だけでなく、患者と直接接しながら治療に関わっていく点に関する意欲を書くとよいでしょう。また治験コーディネーターやMRへの転職を目指す場合にはその業務内容をしっかりと理解しているかどうかを相手に伝えられるような志望動機にしたいところ。この辺は事前の情報収集をしっかり行っておくことが求められます。

もうひとつのポイントは転職先で求められる役割と自分の適性がマッチしていることをアピールすること。志望動機には前向きな姿勢が求められるとよく言われますが、専門性の高い薬剤師の転職の場合、単にやる気があるだけでは不十分、自分が即戦力としてどれだけ使えるかを志望動機の中に盛り込む必要があるのです。先ほどの病院薬剤師の場合では自分は人と接しながら仕事をいくのが向いているといった内容がよいでしょうし、MRなど成果が問われる仕事の場合は業務を通して自分を磨いていくことができる厳しい環境を求めている、といった積極的な理由を書くとよい印象を与えることができるでしょう。

あとはこれまでのキャリアや身につけたスキルをさりげなく盛り込んでアピールするのも忘れてはなりません。「これまで○○において身につけたキャリアを御社で活かしたいと思い応募させてもらいました」「この業務なら自分のスキルを活かすことができると思いました」などと自己アピールを含めた動機を書けるようにしたいところ。

薬剤師の転職では基本的に職場・職種ごとに異なった志望動機を書くことが求められます。ケースバイケースで相手にアピールできる内容を工夫するようにしましょう。どうしてもうまくかけない場合は転職支援サイトのキャリアコンサルタントの力を借りるのもひとつの手です。リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ヤクステなどの転職支援サイトではこうしたサポートを受けることができるのでお勧めです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.