薬剤師求人ランキング

CROへの薬剤師転職事情は?

薬剤師の転職先として近年とくに注目を集めているのがCROです。これは「Contract Research Organization」の略称で、治験業務に携わる仕事のことです。具体的には製薬会社が新薬を販売する際に行う臨床試験を行う仕事です。このCROの仕事に就くために必要な資格はとくにないのですが、医薬品を扱う性質上、薬剤師の専門的な知識が役立つため、需要が増えているのです。

ではそんなCROへの薬剤師の転職事情はどうなっているのでしょうか。間違いなく需要が増えている状況なのですが、重要なのはどういった状況で雇用され、働いているのかでしょう。まず知っておきたいのが現在のCROの市場。ここ数年は年間7%程度の成長が続いており、拡大状況が続いています。そのため、CRO業務を行っている企業は有能な人材を喉から手が出るほど欲しがっている状況なのです。その意味では売り手市場といえるでしょう。

重要となるのは経験。薬剤師がいきなり治験業務にすぐに対応できるわけではありません。やはり研修や一定の経験が求められます。ですから求人情報を見る際には経験者のみか、未経験者でも応募可能、あるいは優遇しているかどうかをチェックしておくことが重要です。まだ成長段階にある分野のため、多くの求人では未経験でも応募可能となっており、その点では薬剤師がこれから目指しやすい環境にあるといえます。転職の際にはどれだけ教育制度が充実しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

もうひとつのポイントは就業環境。CROの仕事は出張が多い点に特徴があります。この仕事には派遣型と受託型という2種類のタイプがあり、前者の場合にはスタッフが臨床実験を行う製薬会社に派遣されて業務を担当することになります。どこに派遣されるかは業者が担当しているエリアや企業によって異なりますが、全国あちこちに出張して回る、といったケースもあるので注意しましょう。後者の受託型の場合は出張の機会が少ないのですが、新薬を開発した製薬会社と、実際に臨床試験を行う医療機関の調整役が求められるため、コミュニケーション能力が求められます。タイプによって求められるスキルや能力、適性が異なってくる点も留意しておくべきでしょう。

現時点ではCROの薬剤師転職事情は恵まれているといってよいでしょう。多数ある求人の中から自分に向いたものを選んでいける環境です。まずはキャリアを積むつもりで転職してみるのもよいかもしれません。薬剤師としてのキャリアの幅を広げる機会にもなってくれるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.