薬剤師求人ランキング

企業への薬剤師転職事情は?

薬剤師の就職・転職先といえば調剤薬局や病院薬局がまず思い浮かびます。しかし薬剤師の役割の多様化もあり、近年では企業への就職・転職も増えています。とくに中途採用を積極的に行う企業が増えており、転職先として魅力的な選択肢となっています。

では企業への薬剤師転職は現在どのような状況・事情にあるのでしょうか。まず治験コーディネーターの求人が増えている点が挙げられます。製薬会社の新薬開発に伴う臨床試験に携わる仕事で、製薬会社による治験業務のアウトソーシング化に伴い急速に市場が拡大している状況です。まだ比較的新しい分野ということもあり、未経験でも応募・転職できるケースが多く見られます。転職となるとこれまでのキャリアや実務経験が大きな意味を持ってくるわけですが、この分野では比較的そういった面は少ないため、まったく新しい分野で新たなキャリアを築いていくことができます。転職を繰り返して特定のキャリアを築けていない人にとってもよい状況といえるのではないでしょうか。

それからMRの需要が高まっている点も企業への薬剤師転職事情のポイントといえるでしょう。製薬会社で働く薬剤師といえば新薬開発がまず思い浮かびますが、商品として売り出し、利益を上げる必要がある以上、単によい薬を作るだけでなくマーケティングも重要になってきます。そこで重要な役割を担うのがMR。近年では各メーカーが続々と新薬を市場に投入しており、その中で競争に勝ち抜く必要が出てきています。そのため医薬品に関する専門的な知識を持った薬剤師がMRとして活躍するケースが増えているのです。全面的に成果主義を導入されているケースがほとんどのため、つねに結果を求められる環境で仕事をしていくことになりますが、結果さえ出せれば年収1000万円も夢ではありません。

製薬会社へ研究職としての転職を希望する人も多いでしょう。この場合は過去の実績がものを言います。もともと博士課程卒業でなければ入社もままならないといわれる製薬会社の研究職だけに、中途採用においても厳しいハードルが課されています。学歴はもちろんのこと、具体的にどの企業で、どんな新薬の開発に携わってきたのかが問われますから、相当の自信とキャリアの裏づけが必要となるでしょう。

企業への転職は原則として即戦力が求められます。とくに上を目指す、キャリアアップを目指す場合には自分にどれだけの可能性とアピールポイントがあるのかをよく判断したうえで転職に踏み切るかどうかを判断することが求められるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.