薬剤師求人ランキング

薬剤師転職のポイント

薬剤師は離職率が高いといわれています。あるデータでは1年間に10人に1人が離職するとも言われています。それだけ転職の機会も多いということ。実際のところ薬剤師の資格を持っている人が新卒から定年までずっと同じ職場で働き続けるケースは少ないようです。

となると転職はマイナスにとらえるのではなく、キャリアを高める好機ととらえながら活動を行っていく必要があります。そのためには自分を安売りせず、納得の出来る職場・待遇の求人情報を見つけることが大事です。専門的な知識を有した資格だけに、条件さえ問わなければいくらでも仕事先を見つけることができる薬剤師だからこそ、情報の質が問われるのです。情報の質を高めるためには転職支援サイトの利用がオススメです。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師、ヤクステのような薬剤師の情報に特化した支援サービスもあります。こうしたサービスなら非公開求人も取り扱っている他、調剤薬局、病院、ドラッグストアのほか、製薬会社やCROのような企業からの求人も見つけることができます。

それから適性を見極めること。とくに近年は薬剤師の役割の多様化が目立っています。資格を持っているからといって必ずしもどの職場でも活躍できるとは限らないのです。適性の中にはやりがいを感じられるか、自分の適性と合っているかどうかなども含まれます。たとえば病院薬剤師や治験コーディネーターの仕事ではコミュニケーション能力が非常に重要となります。一方MRでは交渉力やマーケティング力といったビジネスマンとしてのセンスが必要となるでしょう。

製薬会社の研究職は毎日黙々と研究と実験を続ける環境となります。給料や休日などの待遇面だけで選んでしまうととんだミスマッチに見舞われてしまう可能性もあるので注意しましょう。この場合でも転職支援サイトが役立ちます。キャリアコンサルタントと話し合いながら自分の適性やそれぞれの職場の特徴や求められる役割などを探っていくことが出来るからです。

あとは基本的な部分。面接や履歴書の作成、志望動機の書き方など。どの職業でも必要とされる基本中の基本ですが、薬剤師の場合は職種にあわせた志望動機の作成とアピールが必要なこと、また過去の実績をできるだけ詳細にアピールすることが求められる点からとくに重要です。管理薬剤師や新薬開発に携わった実績などは具体的な内容、わかりやすく、簡潔に書く工夫も求められます。こうしたポイントをしっかり踏まえて転職活動を行っていくことで自分の理想に近い職場を見つけるチャンスを開くことができるでしょう。

企業への薬剤師転職事情は?
病院への薬剤師転職事情は?
CROへの薬剤師転職事情は?
薬剤師転職の体験談あれこれ
薬剤師が転職する理由は?
薬剤師の転職面接の成功のコツは?
薬剤師転職の志望動機の書き方は?
薬剤師の転職に役立つ資格は?
薬剤師転職で年収アップは可能?
薬剤師転職の情報収集の方法は?

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.