薬剤師求人ランキング

管理薬剤師の転職活動のポイントは?

管理薬剤師が転職を目指す場合、これまで培ってきたキャリアをいかに役立てられるかが重要なポイントとなってきます。現場の責任者として重要な役割を担ってきたキャリアはどの分野、職種においても大きく役立ちます。転職活動の際にはできるだけうまくアピールすることが求められるわけです。

ポイントとしてはまず職種選び。これまでのキャリアを活かしたい場合にはできるだけ同じ職種、似たような環境の職場を選ぶことがセオリーとなります。調剤薬局で管理薬剤師を務めていた場合には他の調剤薬局の仕事を探すといった具合です。ただし、多くの職種では管理薬剤師は内部昇格の形で任命されることが多いため、管理薬剤師から管理薬剤師への転職はなかなか難しい面もあります。あくまで管理薬剤師の求人にこだわるか、あるいは一般の薬剤師の立場に戻ってもより待遇がよい、やりがいの感じられる職場を選ぶかの選択も求められるでしょう。

また、これまでとはまったく異なる職場への転職を目指す人も多いでしょう。新天地で心機一転キャリアを重ねていきたい、といったタイプです。その場合、これまでのキャリアを直接活かせることはできませんが、アピール要素にすることで間接的に役立てることができます。さまざまな働き場があり、それぞれ求められる役割が求められる薬剤師の仕事ですが、医薬品の取扱いという基本的な部分はどこも共通しています。異なる職種であっても薬剤師として責任ある立場を担ってきたというキャリアは必ず役に立つはず。ですから、転職活動の際には職務経歴書に管理薬剤師としての業務内容をできるだけ詳細に、アピールとして役立つ形で書くことが重要になってきます。「今度の職場とはあまり関係がないから」などと思わず、アピールできるところは積極的にアピールしましょう。

あとは情報収集。管理薬剤師といってもまず求人情報の収集が重要になる点は変わりありません。ポイントとしては一般的な収集方法と、キャリアを活かした収集方法のふたつをうまく使い分けること。前者では薬剤師専門の転職支援サイトの利用がオススメです。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師、ヤクステなどのサイトでは管理薬剤師の転職に相応しい情報の提供や、キャリアコンサルタントによる相談業務などを行っています。後者ではこれまで培ってきた人脈を活かした転職活動を行っていきたいところ。現場の責任者ともなれば取引先の企業などの窓口として活躍する機会も多く、幅広く人脈を築くことができます。そういった人脈を活かして転職活動を行っていけばより有利に運ぶことができるでしょう。付き合いのあったところから引きが来ることも考えられます。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.