薬剤師求人ランキング

管理薬剤師の仕事内容は?

薬剤師としてスキルアップを目指すうえで重要なステップになるのが管理薬剤師です。通常の薬剤師業務よりもワンランク上の仕事、というイメージも広くもたれています。この管理薬剤師とは正式な資格のことではなく、いわば業務内容そのもののことを言います。ですから基本的には薬剤師の資格さえ持っていれば誰でもなることができるのです。

では管理薬剤師とはどのようなものなのでしょうか。調剤薬局やドラッグストアなど医薬品を取り扱っている店舗には必ず管理薬剤師がいます。その管理薬剤師が店舗における医薬品の取扱いに対して責任を負うわけです。店舗のオーナーが薬剤師の資格を持っている場合にはそのまま管理薬剤師の役割を担うことが大半なのですが、そうではない場合には雇っている薬剤師の中から管理薬剤師を決めることになります。いわば現場責任者といったところでしょうか。

もう少し具体的に仕事内容を見てみましょう。仕事は大きく分けて3項目に分かれています。薬局における業務、一般販売業の店舗における業務、薬種商販売業における業務です。ただ内容そのものはどれも似通っています。

もっとも基本的な仕事となるのが情報提供の業務。取り扱っている医薬品に関する情報を購入する人、あるいは十位に利用する人に対して説明をする仕事です。医薬品には副作用などの問題もありますし、その人の症状にあっているかどうかを見極めることも大事です。医療のプロフェッショナルとして専門的な立場でアドバイスを行い、相談を行うことになります。通常の薬剤師も行う仕事ですが、管理薬剤師は本人が行うのに加え、職場の薬剤師が行う情報提供業務における最終的な責任を負うことになります。

それから監督業務。もっとも管理薬剤師らしい仕事といってよいかもしれません。同じ現場で働く薬剤師がきちんと業務を行っているかを監督する仕事です。他の薬剤師では対応できない業務に応じたり、新たに入った新人薬剤師の教育などもこの仕事に含まれています。職場の薬剤師全員が業務に相応しい能力、心構えを持つことに対して責任を負うわけです。

あとは医薬品の管理。医薬品はしっかり管理されてはじめて正しく扱うことが出来ます。これは単なる管理ではなく、店舗の運営にも関わってくる業務です。たとえば店舗の管理体制が相応しくないと判断された場合には管理薬剤師の責任のもとでオーナーに改善を進言するなどの義務が生じます。また不良品や期限切れの薬剤師の処分なども含まれます。このように、医薬品が正しく管理され、使われる環境を維持するのが管理薬剤師の重要な役割となっているのです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.