薬剤師求人ランキング

病院薬剤師のやりがいは?

薬剤師の仕事先の重要な選択肢となる病院薬剤師。薬剤師として働く人の5〜6人に1人が病院で勤務しているといいます。安定した就業環境が魅力とされる一方、昇給があまり見込めない、中途採用の募集が少ないといったマイナス点も指摘されますが、やりがいも大きい仕事です。

まず必ず挙げられるのが患者との距離。調剤薬局やドラッグストアでの勤務では基本的に訪れる患者・客に対して薬の販売や服薬指導を行うことになります。ただ、基本的にはその患者・客との付き合いは1回限り。手渡した医薬品が本当に役に立ったのかどうかを確認する機会はあまり多くありません。それに対し、病院薬剤師の場合は通院・入院している患者に対して調剤・服薬指導を行うため、継続的な付き合いになることも多くなります。ですから医薬品がきちんと役立っているのか確認できるうえ、患者が回復していく様子を直接コミュニケーションをとりながら目の当たりにしていくことができます。これは病院薬剤師ならではの喜びといえるでしょう。

もうひとつはチーム医療の一員として活躍できる点。こちらはとくに近年になって重要視されるようになった役割です。従来の病院薬剤師といえば医師の処方箋に従って調剤業務を行うイメージが一般的でした。言い方はよくありませんが、医師の指示に従うだけだったのです。しかし現在では薬剤師がチーム医療の一員として加わり、患者の治療計画を練る段階から参加するケースが増えています。患者の病状や薬歴、体質などをよく見極めたうえで薬剤師が積極的に使用すべき薬剤、適した薬剤を医師にアドバイスするわけです。その分責任が重くなるわけですが、薬剤師としての知識とスキルを十分に発揮できるやりがいのある環境といえるでしょう。

こうしてみると病院薬剤師のやりがいは医療の現場に直接関わることができる点が大きな意味を持っていることがわかります。安定した調剤薬局の業務に就きながらも物足りなくなって転職を目指すケースが見られますが、その理由のひとつが毎日淡々と調剤を繰り返す仕事に物足りなさを感じるというもの。病院薬剤師はそうしたルーチンワーク的なマイナス点を感じることなく働き続けられる職場といえそうです。もちろん、残業や夜勤などのマイナス点もつきまといますが、薬剤師として積極的に働いていきたいと願っている人にとっては毎日がやりがいに感じられる職場環境となってくれるでしょう。また、病院への転職を目指す場合にはやりがいを感じられるような職場を見つけることも重要です。リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ヤクステなどの転職支援サイトもうまく活用しましょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.