薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の募集先の探し方は?

病院薬剤師は多様化が進んでいる薬剤師の役割の中でももっとも基本的なものといってよいでしょう。その一方でチーム医療の浸透とともにこれまでとは異なる役割が求められるようになっています。ある病院では単に処方箋に基づいて調剤するだけの役割かと思うと、別の病院ではチーム医療の一員として治療の根本から深く関わる役割を担うこともあります。それだけに病院薬剤師への転職を目指す場合には募集先の情報を詳しく確認しておくことが求められます。

現在、薬剤師の資格のもとで働いている人のおよそ15%ほどが病院薬剤師だと言われています。しかし実際には病院薬剤師の求人はそれほど多くありません。病院で働く薬剤師の多くは薬学部を卒業した後の新卒の方で採用されることが多く、転職・中途採用での雇用は少ないのです。募集されるとしても欠員が生じた際の穴埋め、あるいは業務の拡大などによる人員の補充などがメインとなります。

つまり、限られた病院薬剤師の求人を収集し、しかも内容をしっかり吟味した上で自分に合った募集先を見つけることが求められるわけです。この点から見ても病院薬剤師への転職の難しさが見てとれます。では本格的に転職活動を行う際にはどのような方法で募集先を探していくとよいのでしょうか。

まず基本となるのが転職支援サイトへの登録。これなしには病院薬剤師への転職はできないといっても過言ではありません。確かに一般公開されている求人サイトでも病院からの募集を見つけることができますが、多くの目に触れるためたちまち募集が殺到して狭き門になってしまったり、条件の面でやや劣るケースが見られます。とくに欠員が生じて急いで補充する必要がある、といった緊急の募集ではこうした一般公開の形で求人が掲載されることはなく、専門の転職支援サイトで非公開求人の形で掲載されることが多いのです。その方が少数精鋭の応募者の中から選ぶことが出来るからです。また、キャリアコンサルタントから求人情報からは見ることができない募集先の雰囲気や離職率といった詳しい情報を教えてもらえるのも大きな魅力。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師、ヤクステといった薬剤師専門の転職支援サイトに登録しておきましょう。

あとは人脈。転職活動の際にはこれが馬鹿にならない力を発揮します。これまでも病院薬剤師として勤務していた場合には以前同じ職場で働いていた同僚の薬剤師から情報をもらうこともできます。また、調剤薬局や製薬会社に勤務していた場合には付き合いのあった病院からの誘いを受ける可能性もあるでしょう。こうした選択肢もうまく活用したいところです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.