薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の役割は?

病院薬剤師にはさまざまな役割が求められるといわれています。とくに近年ではその役割が多様化しており、従来のように医師の処方箋に従うまま調剤業務を行う、といった役割では収まらなくなっています。病院への就職・転職を目指す場合には具体的にどのような役割が求められているのか、それに対して自分は適応できるのかを確認しておく必要があります。

では具体的な役割を見ていきましょう。まず調剤。処方箋に基づいて調剤を行うのはもちろんのこと、用量や飲み方なども配慮したうえで調剤することが求められます。患者の健康状態やライフスタイルに合わせて服薬しやすい形にするのも重要な役割です。また、調剤薬局での調剤業務に比べて状況に合わせて独自の調剤を行うことが多いのも大きな特徴です。

それから服薬指導。調剤と並ぶ病院薬剤師のメインの役割といってよいでしょう。通院・入院患者をおもな対象とするため、長期的な服薬を念頭に置いた上での指導が求められます。その際には患者一人一人の薬歴管理も重要です。かつて患っていた病気、使用していた薬剤、あるいはアレルギー反応の有無、さらには現在服用している他の医薬品などの情報を踏まえ、総合的な視野に立ったうえで最適な服用環境を用意し、患者にアドバイスをする必要があるわけです。それだけ患者一人一人の事情を確認しておくことが求められます。また、服薬指導は1回ではなく、継続して服用をしていく中で健康状態の変化や回復度合いを逐一チェックし、都度最適なアドバイスをすることも求められます。調剤には注射薬も含まれます。

現在の病院薬剤師の役割が多様化していると言われている理由のひとつがチーム医療のスタッフとしての役割の増加です。患者1人を医師が全面的に治療を担う、という時代から専門かがチームを組んで最適な治療計画を担うチーム医療が主流になりつつあります。病院薬剤師はそのチームの一員として積極的な役割を担うことが求められているのです。その役割には医師に対して患者に適した薬剤のアドバイスを送ったり、患者の健康状態を確認しながら医薬品の処方の計画を練るといった高度な内容も含まれます。

これらを見ても、現在の病院薬剤師はより積極的な役割が求められることが読み取れます。ひとつひとつの役割に専門性が求められ、しかも重い責任を負うことになる。その一方では治療に直接関わるやりがいも得ることができます。積極性と責任感に溢れた薬剤師に向いた職場といえるのではないでしょうか。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.