薬剤師求人ランキング

病院薬剤師を辞めたい時には?

薬剤師は転職の多い仕事と言われます。1年間の離職率は10%に及ぶというデータもあります。それだけ転職が多い仕事ですから、どの薬剤師にとっても他人事ではなく、いつ自分が当事者になるかもわかりません。では病院薬剤師が職場を辞めたい時にはどういった点に注意しておくとよいのでしょうか。

まず時期。病院薬剤師はとくに辞め時が難しいと言われます。なぜなら通院・入院している患者の服薬環境を長期間に渡って管理しているケースが多いからです。さらに近年ではチーム医療の一員として治療の初期段階から深く関わっているケースも見られます。そうした状況で急に辞めてしまうと回りに大きな迷惑がかかってしまいますし、治療計画そのものに影響が及ぶことも考えられます。下手をすると患者の健康状態にも悪影響を及ぼしかねません。ですから十分な時間の余裕をとったうえで退職を申し出ることが求められます。退職の場合、1カ月前が退職を申し出る目安といわれていますが、自分が担当している患者や職場の環境を見極めたうえで判断する必要があります。少なくとも1カ月以上の時間をとったうえで申し出なければなならない、という点だけは覚えておきましょう。

それから辞める理由。退職届には「一身上の都合により」と無難に理由でまとめておくとよいでしょう。職場の環境や待遇に不満が会った場合にも表に出さないよう大人の対応に勤めましょう。また、職場の同僚や上司に不満を抱いていた場合にも直接表面に出すようなことはせず、円満な退職を目指すことが大前提です。飛ぶ鳥あとを濁さずを心がけましょう。冒頭に書いたように薬剤師は転職の多い仕事です。礼を失した辞め方をするとあっというまにその悪評が広がってしまい、後の転職活動にマイナスイメージをもたらしてしまう恐れもあります。

辞めるタイミングとも関わってきますが、引継ぎをしっかり行っておくことも忘れてはなりません。これまで調剤や服薬指導を行ってきた患者に対して挨拶をすることはもちろん、後任に対して必要なことをしっかりと伝えることが求められます。とくに患者の薬歴管理はその後の服薬指導に大きな影響をもたらすことになりますから、残さずに伝えます。そのためのデータをしっかりまとめてスムーズに引継ぎが出来るよう準備をしておくことも忘れてはならないでしょう。

このように、病院看護師を辞めたい時にはまわりに迷惑をかけないよう、十分な時間と準備をかけて行う必要があります。重要な役割と責任を担っている仕事だけに、最後までその役割を果たす心構えが不可欠となるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.