薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の具体的な仕事内容は?

病院で調剤業務を行う病院薬剤師。医師の処方箋にもとづいて調剤を行う仕事がもっぱらの役割というイメージもありますが、実際にはより幅広い役割が求められています。では具体的な病院薬剤師の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

剤・製剤はもちろんのこと、まず服薬指導が挙げられます。病院に通院・入院している患者に対して直接医薬品の服用方法や、効果、副作用のリスクなどを説明し、薬の効果を最大限にもたらすよう心がけます。調剤薬局での服薬指導に比べて患者との距離が近く、その分責任が思い一方、患者が服薬しながら回復していく様子を目の当たりにできる点が大きな魅力です。それから服薬指導に含まれるかもしれませんが、患者の薬歴管理。医薬品は単独で作用するだけでなく、他の医薬品との相乗効果が現れる場合もあります。そのため、患者が他の医薬品を使用している場合、他の診療科目で治療を受けている場合はその状況をしっかりと把握し、副作用が大きくならないよう、効果が大きくなりすぎないよう注意しながら薬を出す必要があるわけです。目立たないながらも病院薬剤師におけるもっとも重要な仕事内容のひとつといってよいでしょう。

重要な役割といえば病院で扱う医薬品情報の管理も忘れてはならないでしょう。その病院で使用される医薬品の情報を管理し、医師や看護師の要望に応じて適切なアドバイスを行う必要があります。また、どの製薬会社の医薬品を購入するのか、また新たに登場した新薬がどの程度役立ち、導入する価値があるかどうかの判断を行う場合もあります。この場合、管理薬剤師など一定の地位を持った人が担うケースが多いのですが、最終的な判断を行う際にはひとりひとりの病院薬剤師の意見が重要になってきます。

近年ではチーム医療の一員として患者の治療により直接的に関わるケースも増えています。医師の処方に従った調剤するだけでなく、治療計画の段階から関わり、その患者に相応しい医薬品の使用を医師と話し合い決定するのです。医師・看護師との連携が重要になっており、他の仕事以上にコミュニケーション能力や調整力が求められる仕事となるでしょう。

他には注射で使用される薬の調剤、あるいは院内感染防止の対策、あとは製薬会社の依頼を受けて新薬の臨床試験を行う際に病院薬剤師が活躍する場合もあります。このように、世間で思われている以上に病院薬剤師の役割は広く、そして大きいものなのです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.