薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の給料・年収の平均は?

薬剤師として転職活動を行う際には給料・年収もやはり気になるものです。やりがいを求めて転職する人、キャリアアップのステップとして転職を目指す人、さまざまな事情があれどやはりできるだけ収入が高いところに転職したいと思うはずです。では転職の有力な選択肢となるはずの病院薬剤師ではどの程度の収入が期待できるのでしょうか。

病院薬剤師の給料・年収に関しては平均400万〜650万円程度というデータがあります。高いか低いかは人によって判断が異なってくるでしょう。これを他の職種で働く薬剤師と比較してみましょう。調剤薬局はほぼ同じ水準で400万〜650万円程度、ドラッグストアの場合は幅が広くなり、400〜700万円程度、これは管理薬剤師や店長になったり、売り上げ増に貢献するなど成果主義が問われる面が大きいからです。そしてもっとも高いのが製薬会社で400万円〜800万円。大手の製薬会社なら1000万円を超えるケースも見られます。高い専門性と厳しい成果主義が問われるからこその高収入といえるでしょう。

こうしてみると病院薬剤師の給料・年収の平均は高い数字とはいえないようです。年収アップを期待して転職を目指す場合にはあまり適さない選択肢となるかもしれません。また、昇給の面でもドラッグストアや製薬会社などに比べると余地が少なく、年功序列を重視している病院も多いため、少しずつしか上がらないことが多いようです。

ただ、この状況をマイナスにばかり捉える必要はありません。病院薬剤師には安定した就業環境という非常に恵まれたプラス面もあるからです。この点は調剤薬局にも通じるものがあります。経営が安定しているという点では調剤薬局よりも恵まれているでしょう。成果主義が導入されていないため過剰なプレッシャーに晒されながら仕事をする必要がありませんし、昇給が少ないといってもその分長く安定して働き続けることができます。病院での医療は長期のスパンで医薬品の効果や患者への影響を考える必要がありますから、目先の売上げや成果に惑わされるような環境では逆に困る、という面もあります。腰をすえてじっくりと働きたい、自分の知識・スキルを活かしたいといった人には給料・年収を越えた魅力があるはずです。

なお、病院薬剤師の給料・年収に関しては地域差が生じていることも挙げておくべきでしょう。都市部に対して地方では薬剤師が不足ぎみになっており、その分年収が高くなります。100万円くらいの差がでることもあるため、転職の際には地域も念頭に置いた求人を探していくとよいでしょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.