薬剤師求人ランキング

病院薬剤師の在宅医療の内容は?

病院薬剤師の仕事は通院・入院する患者に対して調剤や服薬指導を行うだけではありません。在宅で治療を受ける人に対する役割もあります。とくに近年になって在宅医療の重要性が指摘されるようになり、病院薬剤師の重要な役割となっているほか、薬剤師の新たな仕事として期待が集まっています。

さまざまな事情で入院や頻繁な通院が出来ない人もいます。在宅介護を受ける高齢者はもちろん、仕事の都合で休めない自営業の人など。そうした人に無理に入院や通院を勧めると結局治療を諦めてしまうケースが少なくありません。そのためライフスタイルに合わせた形で出来る限りの治療を行う方法として在宅医療が求められるのです。とくに高齢化社会や就業環境の多様化が進んでいる現代社会において在宅医療の重要性が高まっています。在宅で治療を受ける以上、医師による治療よりも薬剤による治療がメインとなります。それだけに病院薬剤師の役割が非常に重くなります。

では具体的に病院薬剤師は在宅医療においてどういった役割を担うのでしょうか。まず基本となるのが調剤。医師が在宅医療を受ける患者を診察し、それに基づいて作成した処方箋から調剤することになります。なお、診察の段階から薬剤師がチーム医療のスタッフとして処方のアドバイスを行うなどより積極的な役割を担うこともあります。

その後、調剤した薬剤を患者のもとへと持参することになるわけですが、その場で服薬方法や管理方法についての指導を行います。これがもっとも重要な役割といってよいでしょう。必ず定められた時間・回数・用法を守って服薬するよう伝えるのです。それも一方的にアドバイスをするのではなく、相手のライフスタイルに合わせ、ある程度柔軟に服薬環境をアドバイスすることも求められます。それから薬剤の保管・管理方法に関するアドバイス。適切な形で保管しなければ劣化してしまう薬剤もあります。

先にチーム医療の一員としての役割について書きましたが、在宅医療を続けているうえでその役割が重要視されるケースも出てきます。服薬を続けていても十分な効果が得られていない、あるいは他の症状や問題が生じ、改めて服薬が必要になるケースなど、状況に合わせて適切な対処を医師に求めなければなりません。その際には薬剤師としての立場から提案を行う機会も出てきます。さらに要介護の認定を受けた高齢者を対象とした場合にはケアマネージャーや介護福祉士といった介護職の人と話し合ったうえで服薬の計画を立てる必要もあるでしょう。在宅医療といっても実に幅広い役割が求められることがこれらの点からもわかります。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.