薬剤師求人ランキング

保健所薬剤師は公務員?

薬剤師が活躍する場はたくさんあります。薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などがその主な例です。しかし保健所に勤務する薬剤師もいるということをご存じだったでしょうか。保健所で働く薬剤師の場合、幅広い知識と経験が求められるのですが、果たして彼らは公務員として働いているのでしょうか。

一般的に公務員として働くには公務員試験を受験して、それに合格しなければなりません。保健所薬剤師の場合も同様に公務員試験を受ける必要があります。その試験に合格した後に様々な部署に配属されることとなります。しかし薬剤師という資格が特殊な資格であるため、多くの場所では異なった採用方法を用いているようです。それは公務員試験とは別に行政機関で働く薬剤師を募集し、薬剤師だけの採用試験を行うというものです。これに合格して保健所で働いている薬剤師ももちろん公務員として勤務することになります。

ですから保健所薬剤師は皆地方公務員ということになります。待遇は公務員として勤務している自治体が都道府県か政令指定都市、市町村なのかによって若干異なります。それでも公務員として勤務できることに変わりはありません。しかし公務員として勤務することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず地方公務員として採用されれば非常に安定した職を得たことになります。保健所などの行政機関が経営破綻するということはありませんし、自主的に退職することがなければ解雇されることもありません。他の場所で働いている薬剤師には無い安定感を得ることができます。さらに残業も少なく、働きやすい職場です。男性はもちろん、体力に自信のない女性の薬剤師でも負担にならない仕事を行えます。

加えて薬剤師として地方の公衆衛生の幅広い分野に携わることができます。その一つ一つの仕事が市民の健康と安全を守るものですから非常にやりがいのある仕事ということができるでしょう。自分の資格を生かしつつ社会貢献性の高い仕事を行うことができるので充実した生活を送ることができます。一方でデメリットもあります。地方公務員として働く薬剤師は民間の企業に勤務する薬剤師ほどの給料を得ることはできないでしょう。さらに扱う分野が広いので、自分の専門分野を十分に生かすことはできないかもしれません。加えて公務員として必要がないのでビジネスのスキルを身につけるというのは難しいでしょう。

このように保健所薬剤師は公務員として様々な業務に携わることがわかります。メリットやデメリットもよく考慮した上で就職先を選ぶようにしましょう。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.