薬剤師求人ランキング

自衛隊薬剤師の仕事内容

自衛隊薬剤師の仕事の内容は、普通の薬剤師の仕事の内容と、若干の違いがあります。この違いは、自衛隊で働くことから来るものです。例えば、病院で使う衛生資材全般の調達を、薬剤師の方が担当することがあります。さらに、自衛隊員の健康を守ることも、自衛隊薬剤師の方の仕事です。自衛隊員の中には、パイロットの方もたくさんいらっしゃいます。パイロットはミスが許されない、過酷な仕事です。パイロットの方々が、スムーズに任務を随行できるように、健康面から支えるのは、自衛隊薬剤師の仕事の一つです。もちろん、これまで述べたような特殊な仕事だけではなくて、薬剤師本来の調剤の仕事も担当します。

薬剤官として採用されたら、おもに2つの配属先があります。1つは自衛隊病院で、もう1つは部隊勤務です。自衛隊は、航空、海上、陸上の3つがあるので、その中の1つに配属されて、隊員の健康を守る仕事を担当します。隊員の方々の衛生の管理や食料品の管理、怪我や病気に対する対応など、いろいろな仕事を行っていかなければなりません。実際の演習に参加することもあり、この場合は、薬剤師と言うより、自衛隊員として指揮とか運営を行います。薬剤官は一応幹部なので、部隊の指揮を担当することもあるのです。自衛隊が海外に派遣されるときには、薬剤官も同行します。

自衛隊病院に勤めた場合は、仕事の内容は普通の薬剤師の仕事に近くなります。調剤や製剤、薬剤の管理、各種の帳簿の整理などが主な仕事です。勤務時間は、原則として、1日8時間程度です(病院によって違いがあります)。土曜日と日曜日は休みですが、月に2回程度の当直を担当することがあります。当直として働いた場合、24時間勤務になります。自衛隊病院の薬剤師の仕事は、薬剤官よりは、転職が容易です。年齢制限が緩やかなので、40代、50代の薬剤師の方でも転職が可能です。

自衛隊薬剤師の仕事は給与が高く、安定しており、日本のために働くことができると言う満足感を味わうことができます。身分が安定していると言う点が、企業で働いている薬剤師の方には魅力的に感じられるでしょう。特に、薬剤官として採用された場合、定年まで勤務したら、自衛隊の幹部として働くことになるので、高い年収を得ることができます。それでも特殊な面があるので、体力や精神面の柔軟性が求められ、安易な気持ちで、仕事を続けることは難しいでしょう。薬剤師と公務員と言う2つの面がある自衛隊薬剤師の仕事は、薬剤師の仕事の中でかなり特殊なものです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.