薬剤師求人ランキング

老健の薬剤師求人は?

老健とは、介護老人保健施設のことです。高齢化社会の進展に伴って、老健関連の仕事は増加しています。こういった施設で働く仕事としては、介護士や看護婦、医者がありますが、薬剤師の仕事も必要とされています。老人保健施設には、300人の入居者に対して、1人の薬剤師を置くことが決められています。しかし、全国で300人の入居者がいる施設はほとんどなくて、100人程度が普通です。したがって、1つの施設当たり0.3人の薬剤師が必要になります。これは微妙な数字で、他の場所で働いている薬剤師の方が、老健の薬剤師を兼任している例もあります。

地方によっては、老健施設と薬剤師会が契約を結んで、定期的に薬剤師が施設を訪問し、そこに入居されている方々の薬の管理を行う例もあります。施設に入っているお年寄りは、慢性の疾患を抱えた方ばかりなので、薬剤師が薬の飲み方をサポートします。例えば、何種類もの薬を一度に飲むのは面倒なので、同じ効用を持つ薬があったら、一つに包んで、お年寄りに提供します。施設に常備してある医薬品の管理も、老健施設で働く薬剤師の大切な仕事です。

老健の薬剤師の求人の数は、多いです。都市部だけではなくて、地方でも募集があります。未経験者でも応募が可能な施設が多いので、経験の浅い方でも積極的に応募が可能です。超高齢化社会をむかえて、この種の仕事はこれから増えていくことが予想されます。全国的に見て、老健施設で働く薬剤師の数はまだ少ないので、今のうちにこの仕事を始めておけば、この種の仕事のパイオニアとして働くことができます。老健施設の薬剤師の仕事の年収は平均的な水準か、やや高めになっています。500万円を超える施設もあります。老健と言うと、残業や夜勤が多いのではないかと想像してしまいますが、そのような施設はむしろ少なめで、夕方までに仕事が終わるところが多いです。

老健の薬剤師の仕事を探すなら、薬剤師の転職サイトに登録するのが早道です。転職サイトの一番のメリットは、求人の数が多い点です。いろいろな種類の求人が、全国から集まっています。都市部の求人が多いのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、地方の求人に強いサイトもあります。そういったサイトには、東京や大阪だけではなくて、札幌や福岡にも支社を置き、求人情報を集めています。転職サイトのもう一つのメリットは、仕事探しに関するあらゆる悩みを相談できることです。転職のプロのキャリアコンサルタントが在籍しているので、困ったことは彼らに相談したら、適切な答えを出してくれます。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.