薬剤師求人ランキング

OTCの薬剤師求人探しのポイントは?

近年の薬剤師の求人を見ていると、「OTC業務メイン」という言葉をよく目にします。OTCとは「Over The Counter」の略で、医師の処方箋を必要としない薬を売るということを意味しています。薬事法の改正に伴い、薬の種類が三つに分けられました。第一類から第三類まで分けられ、第一類医薬品に関しては薬剤師が、第二類と第三類に関しては薬剤師か登録販売者がいなければ販売ができなくなりました。ですから現在ではドラッグストアでも薬剤師の求人が多く見られるのです。

では、薬剤師の求人探しのポイントはなんでしょうか。その一つのポイントは仕事内容をよく見なければならないということです。求人サイトにはそのドラッグストアでの仕事内容が詳しく掲載されています。「調剤あり」、「OTCメイン」、「調剤なし」といった記載がなされているはずです。その中から自分が行える仕事の内容をよく確認しましょう。長年のブランクがある方にとっては調剤をするのは難しいと感じるかもしれません。その場合には調剤業務がないかどうかを確認しなければなりません。一方で初めて薬剤師として働くので調剤も少し経験したいという方の場合であればOTC業務だけのドラッグストアは希望とは異なることになるでしょう。

もう一つのポイントはどのようなメリットとデメリットがあるかということです。OTCに限らずどの仕事でもメリットとデメリットが存在します。例えばOTCの薬剤師として働いていれば、接客をすることになります。調剤薬局で働いている薬剤師は接客に携わるということはほとんどありませんので、自分の専門的な知識を活かしつつ接客業も学べるというメリットはあります。さらに直接お客さんと接することによって自分が本当に役に立っているという実感も持つことができるでしょう。一方でデメリットもあります。OTC業務だけをこなす場合には調剤を行うことがほとんどありません。ですから経験を積むという観点からするとメリットは薄いといえるでしょう。

このようなポイントを考慮しつつ決定することが求められます。しかし基本的にはどのドラッグストアも薬剤師を求めていますので、求人自体はたくさんあることでしょう。その中にはOTC、調剤ともに行うところもあれば、どちらかに特化している職場もありますから求人サイトなどで自分に合った職場を見つけることができます。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師、ヤクステといったサイトでは自分の希望した求人を簡単にピックアップすることができますから、ぜひ一度試してみてください。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.