薬剤師求人ランキング

大学病院の薬剤師求人は?

大学病院の薬剤師の求人は多いです。全国で、募集が行われています。ただし、ややハードルが高いところが多くなっています。例えば、ある大学病院の薬剤師の募集では、応募の際に、推薦状の提出を求めています。書類審査の後に、筆記試験がある病院もあります。フルタイムの職員ではなくて、パートタイムの職員を募集している病院があります。こちらはやや入職しやすくて、書類選考と面接だけで採用されます。パートの薬剤師を随時募集している大学病院もあります。

公立の大学病院で働いた場合、待遇は公務員と同じ水準にあることが多くて、恵まれた条件の中で、働くことができます。例えば、ある国立大学系の大学病院では、週休二日制で、複数の手当てが支給されます。(期末手当、超過勤手当、当直手当など)。さらに、職員宿舎や学内保育所を利用できます。私立大学系の大学病院も、薬剤師を募集しています。国立病院系にくらべて、募集の数が多いのが特徴です。大学病院の薬剤師として働きたい場合は、私立大学系の病院をまず探してみるのがお勧めと言えます。私立大学系は、未経験の方や新卒の方も積極的に受け入れているところが多くて、入職しやすいです。入った後も大学病院で使われている最新の医療技術や薬のことを学べるので、薬剤師として充実した仕事を経験できるでしょう。

大学病院の薬剤師の年収はやや低めです。薬剤師の仕事の年収の平均が520万円程度と言われているのですが、これを下回る病院も多いです。年収のことだけを考えると、大学病院は、転職先としては、好条件とは言えないでしょう。とは言っても、患者さんに日々接しながら、最先端の医療を学べると言う喜びは感じられるでしょう。大学病院で働く薬剤師は、自分が学んだことを、最大限に生かすことができるのです。ドラッグストアのようなところに勤めた場合、年収は高いですが、薬剤師の仕事とは関係のない仕事(人事・商品の陳列)などを担当すると言うデメリットがあります。

大学病院の薬剤師の求人は、病院のホームページを見れば、詳細を知ることができます。ほとんどの病院がホームページを持っていて、募集要項を載せています。薬剤師の転職サイトに登録して、大学病院の薬剤師の求人を探すこともできます。その病院の詳しい情報を知ることができる点が、転職サイトから申し込んだ時のメリットです。人間関係などの微妙な情報は、外部からは分かりませんが、転職サイトのコンサルタントは独自のネットワークを利用して、きちんと把握しています。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.