薬剤師求人ランキング

ドラッグストアの薬剤師の給料の相場は?

ドラッグストアの薬剤師の年収は、高めです。平均的な年収は、400万円から700万円と言われ、大手のドラッグストアに勤めた場合にはさらに上がります。これは薬剤師の業界の中で、製薬会社の薬剤師に次いで、2番目に高い数字です。製薬会社の薬剤師の仕事は、薬剤師の方が憧れるものですが、募集の数も少なく、募集の条件も厳しいので、ドラッグストアで働くことを最初から目指した方が賢い選択と言えるかもしれません。ただしドラッグストアの仕事は薬剤師本来の仕事からはずれるものも多いのが事実です。

ドラッグストアと調剤薬局の年収をくらべてみます。調剤薬局の年収も最初のうちは400万円程度で、ドラッグストアの初年度の年収と同じレベルにあります。しかし勤務の年数が増えるにつれ、違いが出てきます。3年程度勤めた場合、調剤薬局の年収は500万円程度ですが、ドラッグストアの場合700万円程度に上がります。大手のドラッグストアになると、さらに高くなります。平成22年度の薬剤師全体の年収の平均が518万円なので、ドラッグストアの年収の高さが実感できます。

ドラッグストアの数は、現在でも増え続けています。都市部ではやや減少しているところもありますが、全体としては増え続けています。この傾向はしばらく続くと見られています。景気の低迷が続く日本の中で、ドラッグストア業界は、例外的に成長が著しいものになっているのです。この成長が続く限り、平均年収が400万円から700万円という高いレベルは維持されていくでしょう。

ただしドラッグストアで働く場合には、通常の薬剤師の仕事と違う面があることを自覚しておく必要があります。調剤の仕事に加えて、事務的な仕事、人事的な仕事をしなければなりません。

調剤薬局からドラッグストアに転職することもできます。年収のアップを目指すなら、それは良い方法と言えるでしょう。そんな転職をする場合には、専門の転職サイトがサポートしてくれます。ヤクステやマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師といったところです。転職の場合、今の仕事をやめるわけにはいかないので、どうしても手助けが必要になります。例えば転職先との面接のセッティングなどは、自分でやるよりほかの人の手を借りたほうが、はるかに効率的です。転職サイトではそういったことも、あなたに代わってやってくれます。給与といった一番大切な要素も、転職サイトのコンサルタントと詳しく話し合って、自分の希望に合ったところを見つけることができるのです。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.