薬剤師求人ランキング

薬剤師が治験コーディネーターになる事例は?

薬剤師から治験コーディネーターへ転職する例は、よくあります。薬剤師の薬の知識が、治験コーディネーターの仕事に役立つからです。治験で使われる新薬も薬なので、薬の用法や作用機序等の知識があれば、新薬に対する対応もスムーズに行うことができます。薬剤師の働き先もいろいろありますが、その中で特に病院で働いていた人が、治験コーディネーターに転職することが多いようです。病院で働いていたら、医者や患者さんに接する機会が多いので、その経験を、治験コーディネーターになった時も生かせるからでしょう。

だからと言って、病院の薬剤師しか治験コーディネーターになれないわけではありません。1番重要なことは、専門的な薬の知識や臨床体験です。そういったものがあれば、未経験者にも門戸を開いているSMOの会社は、数多くあります。薬局などで働いている薬剤師の方でも、お客様に薬のことを説明することはよくあるので、そういった経験も治験コーディネーターとして働き始めた時に、役立つことでしょう。

治験コーディネーターとして働く時に、一番必要なことは、知識や臨床体験以外では、コミュニケーション力だと言われます。治験コーディネーターは、医者や患者さん、製薬会社など、いろいろな人たちの間に入って働く仕事です。さまざまなことを調整しなければなりません。この時に大切になるのが、信頼関係を作り上げることです。特に患者さんとの信頼関係がなければ、治験の進行はスムーズに行かなくなります。信頼関係を作るときに、必要なものがコミュニケーション力だと言えるでしょう。それによってこちらの意図を伝え、相手の要望や希望を理解できるようになります。

普通に薬剤師として働いていて、治験コーディネーターに転職する場合には、いろいろな困難が伴います。今の仕事をおろそかにすることできません。かといって、仕事ばかり熱心にやっていても、良い情報を集めることはできません。良い情報を集めることが良い転職をする一番の鍵になります。転職の情報を集めるには、やはり転職のサイトが便利です。薬剤師の転職のサイトもあります。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師といったサイトです。こういったサイトには、治験コーディネーターの求人の情報も数多く集まっています。非公開の求人の情報もあります。非公開の求人は、給与などの条件が良いものが多くなっています。そんな情報も、薬剤師の転職サイトに登録しておけば、入手することができます。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.