薬剤師求人ランキング

治験コーディネーターの仕事内容は?

治験コーディネーターの仕事は、医師と患者さんの間に立って、治験をスムーズにおこなうことです。治験とは、新薬の臨床実験のことです。製薬会社で開発された新しい薬は、動物実験などを通して、安全性や有効性が確認されています。そういった薬を、今度は人間に試験的に投与して、最終的な安全性や有効性を確認し、病院等で普通の薬として使用できるか慎重に調べます。治験を行うことは、薬事法で決められており、治験なしでは新薬の販売はできません。

治験コーディネーターの仕事は、多岐に渡っています。事務的なものが多いのですが、それだけではなくて、治験を受けている患者さんのサポートもあります。新しい薬を使うことで、体に不調が起こらないか注意したり、新しい薬を使う時の患者さんの不安な気持ちを取り除くのも、治験コーディネーターの重要な仕事になります。さらに治験が終わった後の患者さんのフォローも行います。フォローすることによって、新薬の効果や患者さんの心と体の状態を知ることができます。

患者さんからインフォームドコンセントを得るのは、治験コーディネーターの重要な仕事です。治験に使われる薬の働きや効果、起こるかもしれない副作用を、あらかじめ患者さんに説明し、治験に参加するという承認を得ます。このプロセスは非常に大切で、患者さんが安心して治験を受けられるように、治験コーディネーターは、十分な説明をしなければなりません。あらゆる薬には、多かれ少なかれ副作用があります。気にしない人もいるでしょうが、治験に参加する人の中には、新薬の副作用について敏感になっている人もいます。そういった人たちの不安を、治験コーディネーターは解消します。

治験に参加する専門家のチームの調整も、治験コーディネーターの仕事の一つです。治験には、医者や看護師、検査技師、製薬会社の担当など、いろいろな人たちが参加します。そういった人たちのスケジュールを調整したり、意見や要望に耳を傾けるのも治験コーディネーターの大切な職務になります。治験に参加する専門家のチームワークが崩れたら、治験はうまく行かなくなります。治験コーディネーターの真価が問われる仕事です。

他には、症例報告書の作成などがあります。容易な仕事ではありませんが、やりがいと達成感を感じられる仕事であることは間違いありません。良い新薬のおかげで救われる人も多いでしょう。治験コーディネーターへ転職するには、ヤクステ、マイナビ薬剤師といった専門のサイトに登録するのが1番の早道です。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.