薬剤師求人ランキング

治験コーディネーターの転職成功の秘訣は?

治験コーディネーターの求人の数は多いので、医療関係の仕事についている方が、治験コーディネーターに転職するのは、比較的簡単だと言えます。ただし簡単だと言っても、どんな人でも採用されるわけではありません。医療関係者でも、治験コーディネーターに向いていない方もいます。治験コーディネーターは、多くの人と接して働くので、コミュニケーションのスキルがなければ、スムーズに仕事を進めることができません。それから、薬や病気の知識も求められます。

薬剤師として働いている方だったら、薬の知識は豊富だと思います。薬の知識と結びついた臨床体験も重要になります。そういったことを考慮すると、病院で働いている薬剤師の方が、治験コーディネーターに転職するときに一番有利な位置に立っていることが分かります。しかし知識や臨床体験だけで、治験コーディネーターの仕事ができるわけではありません。治験に参加する人たちの意見や考え方に耳を傾け、それをまとめ上げることも必要になります。さらに治験に参加する患者さんのケアもしなければなりません。専門的な知識、臨床体験、コミュニケーションのスキルという3つの点をバランスよく備えた方が、治験コーディネーターへの転職に成功すると言えるでしょう。

他の仕事と同じように、治験コーディネーターに転職するときにも、面接があります。この面接の機会を、経験や臨床体験が少ない方は、自分をアピールする絶好のチャンスと捉えましょう。面接の場で治験コーディネーターに向いている人材と判断されれば、経験が乏しくても、採用される可能性は高くなります。自分の経験や知識、なぜ治験コーディネーターに転職したいのかといったことを、あらかじめまとめていて、面接のときに、説得力を持って話せるようにしておけば、面接を突破できます。面接は、治験コーディネーター志望者が、自分のコミュニケーションのスキルをアピールできる絶好の機会なのです。

治験コーディネーターへの転職を成功させるには、転職サイトの選び方も重要です。たくさんのサイトがあるので、自分の希望に合う仕事を見つけてくれそうなところを選ぶ必要があります。1つのサイトに登録するよりも、複数のサイトに登録しましょう。そちらの方が、良い仕事が見つかる可能性が高いです。ただし、あまり多く登録すると、混乱が起こってしまい可能性があります。それからコンサルタントが多いサイトがベターです。コンサルタントと転職志望者の相性もあります。相性が合わなかったら、他の人に変わってもらう必要が出てきます。そのため、コンサルタントの数が多いところを選ぶ方が、転職の際はお勧めです。一例をあげると、代表的なサイトであるマイナビ薬剤師には30人以上のコンサルタントが在籍しています。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.