薬剤師求人ランキング

治験コーディネーターで採用されるコツ

治験コーディネーターで採用されるコツには、まず履歴書と職務経歴書を魅力的なものにすることあげられます。履歴書と職務経歴書は、あなたの顔と言ってもいいでしょう。この顔を認めてもらえなければ、そこから先へ行くことはできません。黒また青のボールペンを使う(鉛筆を使わない)、一字でも誤りがあったら最初から書き直す(修正液を使わない)、履歴書を使い回さない(一回使ったものを再使用しない)といった基本的なルールは必ず守るようにしましょう。履歴書や職務経歴書のことを甘く考えると、採用はおぼつかないことを自覚してください。

転職するときに、採用担当者が1番重視するのは、即戦力になるかということです。治験コーディネーターの場合は、コーディネーターとしての仕事を任させられるかどうかということを、判断するでしょう。だから、これまでの仕事の経験や実績を書く欄が非常に重要になります。そこで決まると言ってもいいかもしれません。応募者が多い場合など、履歴書や職務経歴書のすべてに目を通すことは、物理的に不可能です。職歴や実績だけを見て、面接を行うかどうか決めることもあるでしょう。職歴は省略せずに、正確かつ具体的に書くようにします。例えば薬局で働いている方なら、そこの従業員の数や店舗の規模もきちんと書きます。

履歴書の次は面接です。面接に成功すれば、治験コーディネーターへの転職はほぼ確定すると言っていいでしょう。これまでの自分の経験や自分の志望動機といったことは必ず聞かれます。自分の言葉で、答えられるようにしておくことが大切です。一般的な志望動機よりも、より個人的な志望動機の方が面接官にアピールすることは間違いありません。例えば薬剤師としての薬の知識を生かしたいというような動機よりも、薬剤師として働いてきて、薬で多くの患者さんが救われるのを見て、薬の重要性に気づき、さらに多くの薬で病気に苦しむ人たちを救えるように力を尽くしたい、といった踏み込んだ志望動機を考えましょう。

転職を成功させるには、転職サイトの選び方も重要です。薬剤師の転職サイトは数多くあります。その中で、自分と相性の良いところを選ぶのが大切です。選び方が分からなかったら、まずは大手のサイトに登録してみましょう。マイナビ薬剤師やヤクステといったところです。大手のサイトには情報が集まっているので、治験コーディネーター業界の輪郭をつかむのには1番適しています。そこを使いこなすことで、自分が転職したい治験コーディネーターの実際の募集の傾向を、把握することができます。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.