薬剤師求人ランキング

臨床開発モニターの薬剤師の求人

臨床開発モニターは、治験をモニターする仕事です。医療機関で実施される治験は、GCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)に基づいて行われます。治験がGCP通りに行われているか臨床開発モニターは監視します。ひとつの治験だけではなく、複数の治験のモニタリングを担当します。他に、副作用や効能といった新薬の発売に必要なデーターを、治験が行われている病院等を巡回して、収集していきます。治験の終了の手続きも臨床開発モニターの仕事です。

薬の知識が役立つので、薬剤師の転職先としては、お勧めの仕事になります。臨床開発モニターの仕事が治験の成功の鍵を握っているので、やりがいのある仕事です。特にモニターとしての経験が求められるわけではありません。文系の出身者がこの仕事を担当することもあります。臨床開発モニターは、売り手市場であると言われ、新卒者の研修を活発に行っている企業もあるそうです。とはいえ、薬剤師の資格は、臨床開発モニターに転職するときに役立つことは間違いありません。他には看護師、臨床検査技師といった仕事での経験を臨床開発モニターの仕事に生かすことができると言われています。

臨床開発モニターの仕事先には、病院、病院製薬会社などがあげられます。この2つの中ではやはり病院が多くて、全国のさまざま病院で、臨床開発モニターが活躍しています。臨床開発モニターの給与は、普通のサラリーマンよりも高めです。平均的な年収は500万円から550万円と言われています。20代の平均が440万円程度、30代が560万程度、40代が650万程度で、どの年代においても他の職種より高めになっています。

臨床開発モニターの仕事へ転職するには、転職サイトが役に立ちます。一般のサイトと医療関係の転職サイトの2種類がありますが、後者の方がモニターの仕事を見つけやすいでしょう。例えば医療関係の転職を専門とするヤクステというサイトがあります。ここの強みは、薬剤師出身のキャリアコンサルタントが、在籍していることにあります。薬剤師の気持ちを一番よく理解してくれるのは、元薬剤師と言えるでしょう。転職するときの疑問点や不安、こだわりの条件などと言ったあらゆることを、コンサルタントに相談できます。この点が一般の転職サイトとの大きな違いです。さらにヤクステには、転職後もフォローしてくれるという特色があります。転職後に悩みが出てきても気軽に相談できるのは、嬉しいことではないでしょうか。同じようなサイトには、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師があります。

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.