薬剤師求人ランキング

企業への薬剤師の転職

薬剤師の勤務先は色々ありますが、中でも企業の薬剤師に一風変わった存在です。薬剤師の仕事は本来調剤がメインですが、企業の薬剤師士はその知識を生かした仕事である場合が多いからです。
企業の薬剤師の仕事先はというと、製薬会社や化粧品会社、その他に治験のコーディネーター、医療機器メーカーなど数多いです。例えば製薬会社では薬剤師の幅広い知識が必要とされます。販売や卸売なども行い、薬剤師としての力を活用できる仕事先になるでしょうね。それに薬剤師の方が通常の営業より説得力もあるものです。適材適所という言葉が合っている職場ではないでしょうか。

また、企業の薬剤師は一般的な薬剤師と違う仕事が出来る他にメリットもあります。ドラッグストアや調剤薬局では年収600万円位のラインが限界とされています。調剤薬局では特に調剤収入がメインの収入になるので、700万円くらいが限度額なようです。
ですが、企業の場合は調剤の収入だけに限定されなくなります。そう、企業の薬剤師は最も年収が多いことが期待できる薬剤師なのです。

ただ企業の薬剤師になるには、ハードルもあります。
それは他の薬局などと比較して求人数が少ないことです。元々需要があるものの、拡大する業務がそうないですので、どうしても求人数は少なくなります。

その為、まずはどうやって求人情報を集めるか、ここが大切になりますね。

このポイントを解決するには、薬剤師の求人情報量の多い支援サイトを活用することが、良い手段としてあります。薬剤師の転職支援サイトには、非常に多くに求人情報がそろっています。非公開の求人情報を含むと数千から一万を超える求人情報があります。
しかもこういった転職支援サイトの満足度などを見ると非常に高い数値になっています。かなりの薬剤師が毎年活用しているサイトなのですが、ここでのポイントはサイトにあるサポート力が上げられます。薬剤師の転職支援サイトには専門のコンサルタントが存在します。このコンサルタントは転職したい薬剤師の総合サポートをしてくれます。
サポート内容としては履歴書の書き方から始まり、条件に合った求人情報を紹介してくれるのもいいですね。

求人情報を見ても、情報量は制限された表示ですので、その知る事の出来る内容には限度があります。通常は自分で調べるわけですが、ここで専門家がどんな職場なのか知っていれば、参考になりますよね。
企業の薬剤師自体数が少ないですので、求人を紹介してもらうことは、転職への早道になると思いますよ。

製薬会社の薬剤師の求人
治験コーディネーターの薬剤師の求人
臨床開発モニターの薬剤師の求人
DI業務(Drug Information)の薬剤師の求人
MR(Medical Representatives)の薬剤師の求人

薬剤師求人サイトランキング!人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 運営企業
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア


>>薬剤師求人サイトランキング・2位以降を見る





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.